2013年

10月

12日

参加イベント 水縞企画「日本のかたち」

 

 

 

参加イベントのおしらせ

 

 

水縞「日本のかたち 〜京都編〜」

2013/10/8 ~ 21 10:00~22:00 (最終日18時まで)

恵文社一乗寺店/ギャラリーアンフェール

京都市左京区一乗寺払殿町10

 

水縞「日本のかたち 〜東京編〜」

2013/11/22 ~ 12/5 11:00 - 20:00

スパイラルマーケット

港区南青山5-6-23 2F

 

10月〜12月に京都と東京の巡回展で開催されます水縞さんの企画展にお誘いいただき、

play on wordsも参加しています!

 

「全国にこんな書店があったら楽しい」という構想のもと、

47都道府県の各県にゆかりのある作家さんと

水縞さんが一緒に制作した「全国架空書店ブックカバー」

play on wordsは「山口県」を担当しました。

 

下関、フグ、そんなイメージの山口県ですが、実は歴代総理大臣を

全国で一番多く輩出している県だとのこと!スゴイ!

「TOPを目指す」とか「正義を通す」といった、一面がある、のかも。。。?

 

そんな山口県の架空本屋さんに命名されたのは「本の総理大臣」

ズバリ、です。

 

重厚な歴代総理をズラリと並べてみようかなとも思ったものの、何か違う。。。

迷いに迷って今回デザインしたのは、カメオのように横顔シルエットで描いた歴代総理の面々。

 

総理官邸や議事堂などに見られる、和洋折衷でクラシカルな唐草模様にインスピレーションを

得て、あえての洋風テイストを加えてみました。

新潮文庫のカバーをはずした表紙に見られるような古風な感じ、

上手く出ているでしょうか?


こちらの商品は、イベント会場にて「中国、四国」地方の合計9店舗の架空書店

ブックカバーセットとして発売されます。

うどん!龍馬!ひょっとこ!などと一緒にパッケージされました!

 

その他のセットのデザインも、それぞれのデザイナーさんの出身地や居住地とのこと。

それぞれの解釈もあわせて是非楽しんでくださいね。

 

※ちなみに西荻出身のplay on wordsハラダ、なぜ山口県?

それは、実家の信愛書店の創業者である祖父の出身地が山口県下関だから。

現在は変わってしまったのですが、私自身の本籍地が山口県だったことから。


うっすらとしか縁のなかった山口県ながら、今回の企画で色々調べて、

ググッと距離が縮まったように感じています。

 

京都展、東京展、是非皆様お出かけください。