2016年

9月

05日

テヌグイノススメ Tenugui Everyday

 

It's on "Tenugui Tuesday" evening, preparing dinner in my kitchen together with a couple of tenuguis. One for wiping vegetables' moisture, another for a wipe cloth which is reclaimed from a worn out one.

 

I have made a rule to myself; tenugui with food motives are especially for kitchen!

The above photo shows vegetable, noodle and "bon appetit" design tenuguis,

they are all used constantly in my kitchen everyday.

 

プレイオンワーズの手ぬぐいのアメリカ販売代理店でもあるstudio kotokotoさん。

Tenugui Tuesdayと名付けて、火曜日に手ぬぐいを使ったりSNSで紹介したり、というユニークな試みも行っています。

 

そんなテヌグイ・チューズデイの夜、キッチンでは今日も働き者の手ぬぐいたちが活躍しています。

 

我が家の手ぬぐいの法則その一『食べ物に因んだ柄はキッチンで使うこと』!

 

写真に写っているのは、野菜柄、蕎麦柄、そしてのらぼうの「めしあがれ/ごちそうさま」。

野菜の水切りを、スピナーの代わりに行っています。

 

 

I have hand-stitched with red thread along the tenugui's design!

 

使い古したけど気に入っている手ぬぐいを台拭きにリメイク。

 

柄に沿って赤い糸でステッチを入れてみました。補強にもなりますね。

 

Thank you for coming to visit me all the way on such a sunny and hot day!

Would you like to take a shower?!

...Well, the guest will hesitate to say "yes".

 

Instead, why not been prepared to serve "oshibori, wet towel" for the guest?

Wet a tenugui and keep it in a fridge for an hour, and it will be a nice refreshment.

 

New tenugui may breed its colour when it's wet, so better to use worn-out one.

 

暑い夏の日、お客様が。炎天下の下歩いて来てくれてありがとう!

さあさ、シャワーでも・・・と言いたいところですが、なかなかそういうわけにも?

 

そんな時、濡らして絞って冷蔵庫でよくよく冷やした手ぬぐいを用意しておくのがオススメ。

手や腕をサッと冷やすだけでもリフレッシュになるものです。

 

法則その二 『おしぼり用には使い込んだ手ぬぐいを』

注染手ぬぐいはその染料の特徴として、濡れたままに置いておくと色移りすることがあります。

そのため、色落ちの心配のない程度に洗いを重ねた手ぬぐいを使うことをオススメします。

 

 

In this summer, I chose this "rain" tenugui for decorating the entrance at home.

It goes very well with this ceramic crab made by Koichi Msaekawa!

Dots are like pebbles or babbles...

 

I am always recommending people to use teuguis for a table runner or a casual curtain.

Because it's washable and easy to dry, let's use one of your collections and enjoy decorating your interior with tenugui!

 

 

この夏の我が家の玄関では、「クラムボンが笑ったよ、カプカプカプと笑ったよ」と

思わず口ずさんでしまうひとが多数あらわれました。

それもそのはず。ハサミで口を押さえて、笑っているような蟹が鎮座しているので!

 

前川幸市さんの陶器の蟹と合わせたのは、田螺堂コラボレーションで作った自作の「雨」(現在は販売終了)。浜辺のような、シャワーのような軽やかな雰囲気になりました。

 

玄関やテーブルなどの台の上のカバークロスに手ぬぐいを使うのも良いものです。

洗濯も気軽に出来るので、お手持ちの手ぬぐいコレクションから、

季節や行事にあった一枚を選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

Studio Kotokoto kindly introduced myself and playonwords' tenugui, here is the article.

Thanks Ai and Kathryn!

 

If you are in the US, you can shop my tenugui from Studio Kotokoto's webshop.

 

コトコトさんのサイトにて、私自身のこととプレイオンワーズの手ぬぐいについてご紹介いただきました。英語での文章になりますが、記事はこちらから!